• 浅民

1819テストプレイ会 感想 -前編-

時間が経つのは早いもので、総勢120名以上の大規模テストプレイがあってから一週間になります。少し遅めですが、遊んだゲームの感想や思ったことなどを書いていこうと思います。



1819テストプレイ会とは?

翔さん主催の2018年と2019年にゲームマーケット出展デビューをした人を中心に行う大規模テストプレイ会です。

正式名称は”ゲームマーケット出展者テストプレイ&交流会『18会+19会』”。

今回は東京の幡ヶ谷区民会館で行われました。

幡ヶ谷区民会館

体育館のような場所で10時ごろから19時ごろまで行われました。最初こそ「うわっこんな広い場所でやるの?」などと思っていましたが、時間とともに集まってくる参加者の数を見て納得しました。

なんて言ったって参加者が120名ほどいるのです。受付をするだけでも行列ができていました。


ゲームの感想等々


会場では受付を済ませた後からテストプレイ会が始まりました。

「では周りの人を上手く誘って開いてる席で始めちゃってくださーい」

翔さんのこの一言で結構な人が呆然と立ち尽くしていたのを覚えています。面識がない人ばかりですからね。話しかけるハードルがあるとは思います。とはいえ皆ボードゲーム製作者でしたからね、結構すんなりと始まりました。翔さんがうまーく誘導してたのも凄かったですね。



マリオットとブルータス

一番初めに自分のゲームをテストプレイしてもらいました。

遊んでもらったのは2つで、先日ルール説明を上げさせてもらった『ブルータス』

それからゆっくりと開発を進めている新作『マリオット』です。

マリオット

マリオットは両面にデザインされたカードを使って、相手の手札、自分の手札の裏を読んで絵柄を揃える……みたいなゲームです。


簡単に言おうとしても?が浮かぶ、軽いゲームの見た目をした難しいゲームになってます。


イメージとしては心理戦や賭け事系の漫画で出てくるようなゲームを目指しています。


頂いた感想としてはやはり難しいの一言が大きかったです。

カードの枚数や種類は少ないのです。18枚のカードに9種類のデザイン……全てがバラバラなわけではなく、ある程度決められた法則で裏表は決まっています。

それでも1つのカードに割り当てられている情報量と頭の使い方の方向が多いんですよね。


ただ今回はそういうゲームを作ってみようというテーマのもとでやっているので、どうやったら上手く内容を伝えられるかという点に重点を置いてゲームマーケット秋に間に合わせたいと思います。


ブルータスはルールなどに関して今後いじることは無いと思います。あとはどう説明書を作っていくかが課題です。



改造神経衰弱

次に遊ばせて頂いたのが、 オーマチスピンさんの改造神経衰弱です。自分が勝手にそう読んでいるだけで、名前はまだ決まっていないとか。

改造神経衰弱

神経衰弱のルールをいくつか弄り、より盛り上がりやすくしているイメージのゲーム。


最初は山札から場に10枚のカードを伏せ始まります。プレイヤーはカードを1枚山札から見て、そのカードの効果を使うか、場に伏せるかを選びます。

後は普通の神経衰弱です。


ただゲームは「お」「わ」「り」のカードが揃った時点で終わります。


このカードの効果というのが中々曲者で、裏向きカードを覗いたり、場のカードをかき混ぜたりできるのです。このカード効果のおかげで記憶力が対して無くても戦う事ができると。さらにこの伏せてあるカードの中には『1回休み』のカードが存在し、それをめくった時点で次の手番が無くなります。


真剣に勝負するというよりは、みんなでわいわい遊ぶゲームでした。

神経衰弱って面白いんだぁ……ってなった、不思議で面白いゲームでした。



Future Vision

その卓最後に遊ばせてもらったのが、テテロンさんのFuture Vision。

トレーディングカードゲーム(TCGと略します)でした。

Future Vision

TCGは説明が難しいのですが、特徴としては、各プレイヤーターンの終わりに、山札からカードを1枚選び手札に加えることです。


事前に何を使われるか予想したり、自分が何をしたいかを計画しながら対戦する感じは他のTCGとは違う、運に左右されにくいものだなと思いました。


デッキは2種類ありますが、中身はほとんど一緒なので覚えやすく、初見でもそこそこ戦うことができました。


運ゲーにしたくない、というテテロンさんの意思が伝わってくるゲームでした。他のTCGは今ある手札からどうにかする、というゲームのイメージが強く、良いカードが引けなければ厳しいというものでしたが、このゲームは違います。

相手の行動や状況から使うカードを読んで戦うので、他のTCGより心理戦要素や計画、準備が求められる感じがしました。それに加えて、運要素が少ないので、お祈りも必要ないと。


TCGっぽくないTCGだなという感想を持ちました。ただ自分はTCGの経験がArtifactやデュエルマスターズくらいしかないので、浅めの感想にはなってしまいますが……。




前編終わり

という感じで後3ゲームほど残っているのですが、長くなってしまうので一旦終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。



​​浅民の制作記